ワイヤーフレームとデザイン

以前、勤めていた会社でデザイナーに「私は言われたとおりにつくっていませんから」としたり顔で言われたことがある。私のワイヤーフレームどおりにつくっていないという意味です。
なんか違う気がしたのですよね~今日、こちらのページを見て私が思った違和感が解ったような気がする。

7つの実例で学ぶ「ワイヤーフレーム通り」のデザインから脱却する具体的な方法

その頃、これを読んでいたとしても、私はデザイナーではないので、理解してもらえるよう説明できたかは自信がありません。
でも、これぐらいデザインしてもらえないと、自分でやっても同じだな~と思います。

15年前ぐらい?海外の求人サイトを見ていたら、分業されていなくて、デザイからコーディングまでやるみたいでビックリしたのですが、レスポンシブデザインの場合、そのほうが良さそうですよね~。
私もデザインを勉強しようかな~大学では建築を勉強していたので、多少はできます(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です