ウェブサイトをつくる時

せっかくお金を出してウェブサイトをつくるのだから自分たちに合ったものが良いですよね。
ウェブサイトは用途に合わせて作れば店舗の一つにもなるし、営業もしてくれるし、アンテナショップのように情報発信もしてくれます。
現状困っていること、やりたいことをお聞きして、ウェブサイトで解決できることを取り込むのが良いと思っています。

また、掲載する情報によってレイアウトもデザインも変わってきます。
街中と同じで、店舗とアンテナショップでは作りを変えたほうが良いと思うのです。伝えたいこと違いますから。
ターゲットは若い人なのか?中高年?高齢者?でデザインは変わりますよね。
イラストが多いほうが良いのか写真が多いほうが良いのか?動きが多いほうが良いのか?
今の流行に振り回される必要はないのです。流行を取り込めば、次の流行を取り込まないと時代遅れになりますよね。大手の企業は別ですが・・・

お話を聞いているうちに問題だと思っていらしたことは大したことではなく、違うことが問題だったということに気付くこともあります。
やりたいと思っていたことがウェブサイトに向いていないこともあります。

ウェブサイトをつくる時、リニューアルする時、制作会社の担当と良く話をして、費用面からも検討して、ウェブサイトに取り込むことを取捨選択するのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です