旅するルイ・ヴィトン

気になっていた展覧会へ行ってきました。
「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)展

今日は午前中から用事があって、立っていたので脚が疲れ気味・・・
ヴィトンのバックが沢山展示してあったのは予想通りですが、その時代の洋服など小物も展示してあり、私としては興味をひくものが多くて。
古いものは細工も素敵で鍵の部分や固定するベルトの部分など細部を見ていると1つを見るのに時間がかかり、最後は疲れてきて、また来ようと飛ばしてしまいました。

平日の午前中は比較的すいていそうですが、予約して行くことをお勧めします。

IMG_1411

IMG_1435

帽子用トランク
帽子用トランク

ライブやコンサート

昨晩は外苑前にある南青山MANDALAへ。
知り合いの子供が参加しているので聞きに行ったのですが、子供と言っても20歳後半。彼が4歳の時から知っているので母の気分。何回か聞きに行っていますが、いつもはコーラス。でも、昨晩はソロで歌っていた~感激♡
昨晩は彼のお父さんやお友達(みなさん私よりも10歳ぐらい上)も一緒でライブの後はちょっと寄り道。行った先はバー・ラジオ。お友達の一人がデザイナーで彼女が青山辺りで働いていた時に行っていたお店らしい。素敵なお店で、カクテルの種類も多く、もちろん1杯目はMimosa。他で飲んだときの方が好きかな~。2杯目はTake The A-Trainが気になりましたが・・・頼んだカクテルの名前を忘れました・・・

ミモザ
Mimosa グラスも素敵~
赤ワインベースのジャズにちなんだ名前だったのですが・・・
赤ワインベースのジャズにちなんだ名前だったのですが・・・

今日は先月末に行ったコンサートの座長を務めていた及川尚志さんのサロンコンサート。先月のコンサートの後、体調を崩されていたようなので高音はあまり出さずに歌っていらっしゃいましたが、小さなホールだったので、壁が鳴る~すごいです!
コンサートの後は及川さんやピアニストさんも一緒にランチ。いろいろな話も聴けて楽しい時間でした。

今日、お土産に知り合いから頂いたお宮のおはぎ。パン皿に並べられちゃう小ささです。
イベントでのお弁当などにいかがですか?おいなりさんも美味しそうです~

お宮 おはぎ
お宮 おはぎ

セミナーに参加してきました

先日は『エイクエント ジムナジウム ライブ w/ CSS Nite Vol.3「IA/UX プラクティス」』に参加してきました。
坂本貴史さんが講師でしたが、お話を聞くのは2回目。前回は複数人の方が講師でいらしていたので色々な話は聞けたけれど、AIやUXの話が詳しく聞けなかったので、今回も参加して良かった!
そして、前回も書籍の紹介がありましたがまだ、買っておらず・・・読んだ方が良いかな。

『IA/UXプラクティス モバイル情報アーキテクチャとUXデザイン』
著者:坂本貴史
定価:本体2,500円 + 税

坂本さんは話が解りやすいし、機会があったら参加することお勧めします~!
https://www.facebook.com/iauxpractice/

昨日の田口さんとの対談、聞くの忘れた!田口さんはお話が面白いので、きっと楽しかっただろうな~

[追記] 田口さんと坂本さんの対談がアップされていました~
坂本さんのセミナーの情報も掲載されています!
https://www.youtube.com/user/webdirection

先日のイベントはエイクエントとCSS Niteのコラボでしたが、CSS Niteは新しいことや知りたかったことが聞けるセミナーが多いので、時々、参加しています。
http://cssnite.jp/

私のこのサイトもレスポンシブウェブデザイン。PCとタブレット、スマホなど、見る人が使っているデバイスでレイアウトは自動で変更されます。
スマホが出たばかりの頃、携帯サイトはキャリアで仕様が違うし、端末の特性もあるし大変だったので、スマホが主流になったらラクになるな~と思っていましたが、今はスマホの画面サイズも解像度も様々。携帯サイトのようにそれぞれのページを作る必要はありませんが、どこかで線引きして、グループ分け。それぞれのグループ内で最善のデザイン~というのが悩ましい。
感覚的な私なので、理論的にまとめている人の本を読むのが早いですね・・・

ゴールデン・クリシュナ(Golden Krishna)の『さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法』も気になっています。

デジタルフォト & デザインセミナー 2016

昨日はアドビシステムズ主催のデジタルフォト & デザインセミナー 2016へ行ってきました。

メインセッションのほうに参加したのですが、私としては一番面白かったのはこびとのくつ株式会社代表取締役社長工藤美樹さんのレタッチセッション。工藤さんのプレゼンは無駄がなくて話のテンポも良くて面白かった。機会があったらまた聞いてみたい!

どうやって作品を作っているかも紹介してくれましたが、細部へのこだわりなどなど感動~そこまでやっているから気になる作品になるのですよね。作品はこびとのくつ株式会社のウェブサイトでご覧いただけます。見たことがあるものが多いかも。
スタッフの方たちもこの作業が好きな方たちが揃っているのかな~とは思いますが、ここまでやるには好きじゃないと出来ない、好きじゃないとかなり大変な作業な気がします。
学生の時にアルバイトするならこんな会社が良いと思います。初めが肝心ですよね~一生が左右される。アルバイトを雇っているかは解りませんが・・・

あとはLightroomが使ってみたい。思ったよりも便利そう~
Adobe Stockも気になる。CCで使いやすいこともですが、販売できるのも気になる!

そして、アンケートに答えてもらったのはこれ。
私が使う時はこんな簡易的なもので十分なので役に立ちそう~。

IMG_1342

カヴァレリア・ルスティカーナとパリアッチ

週末にオペラを聴きに行ってきました。3年前に区民参加オペラでキャストとして参加された方が中心に活動しているグループBOKオペラカンパニーの第2回公演。懐かしい人たちの舞台は見ているだけでも楽しい~そして、BOKオペラカンパニーが素敵なのは全力で取り組んでいると思える舞台なこと。

世の中には声が良いだけで満足していると思われる方もいますが、聴いていては面白くない。ひとそれぞれなのでそれも良いとは思う。それで楽しいのかな~とも思うけれど。

キャストとして参加された時から数えると3回目。
聴くたびに、声も演技も良くなっている人も多く、見ていて嬉しい!
これからもどんどん上を目指して、活躍して欲しいと思っています♡

そして、中心になっている方たちが良い経験を積んできた先輩たちで、彼らが牽引しているんだろうな~とも思っています。続けていくことは大変だと思うけれど、後輩の為にも頑張ってほしいなと思うのでした。

出演者など詳しい情報はパリアッチでカニオ役だった及川尚志さんのブログで。

Magnum’s First – Face of Time

昨日は代官山に写真展とギャラリー・トークへ行ってきました。
戦後10年に撮られたそうですが、その頃の生活も垣間見れて面白い。報道写真は必要ですよね。残すことで後世に伝えることが出来る。60年も経っているとは思えない綺麗な写真でした。

マグナム・フォトを良く知らずに行ってしまった私は帰ってから調べたのですが・・・

写真家の意向にかかわらず、むやみに写真をトリミングしたり、不正確なキャプションをつけられたりすることが頻繁にあったが、

そんな頃があったのかとびっくりしました!
詳しくはこちらをご覧ください。
マグナム・フォトとは?

展覧会は5月15日まで。まだ、期間がありますので、代官山へ行かれた時には是非、立ち寄ってみてくださいね。

Magnum’s First – Face of Time
2016.4.23 sat – 5.15 sun 11:00-19:00(入場は18:30まで)
ヒルサイドフォーラム(東京・代官山)

 

そして、安田菜津紀さん内堀タケシさんのギャラリー・トークでは写真だけでは解らない話が聞けたし、お二人とも中東へも行っていますが、危険と背中合わせなのに、それでも伝えたいことがあって行っている二人が素敵だな~と思ったり。
今回は日常生活が解るような写真が紹介されましたが、危険な中でも楽しいこともあるわけで、危険な中でも生活しているのですよね。
昨日、安田さんの『君とまた、あの場所へ: シリア難民の明日』を買ってしまいましたが、『それでも、海へ』、内堀さんの『ランドセルは海を越えて (シリーズ・自然 いのち ひと)』も面白そうでした。

ランドセルは現在回収中のようです。(2016年3月10日~5月31日)
春の想い出のランドセルギフトキャンペーン

震災の時

熊本の地震は思ったよりも大変ですね。いつまでも余震が大きいし。
首都直下型が言われ続けているのに、関西、東北、九州と違う地域ばかりで地震が起きて、とっても追い込まれている気分にはなりますが、自然のことだから予知にも限界があるだろうし、準備をしておくことしか出来ませんね。
そして、首都直下型の場合、他の地域よりも救援物資の到着も復興も遅くなるのではと思いますが起こってみないと解りませんね。

都内以外は火災や倒壊調べらないみたいですが、住所で調べられます。

あなたのまちと首都直下地震(東京大学 防災教育アプリ)
https://www.tokyojishin.org/anamachi/

日頃から、地震が起きた場合に地盤の弱いところなど調べておくと、とっさの判断に間違いが起きにくくて良いと思います。数日は帰宅は不可能化もしれませんが、徒歩で変えることになった場合の経路も調べておいた方が良いかと。
23区内の場合、最短距離が抜けられるとは限らないので、安全そうな道幅の広いところを遠回りでも通る経路とか、いくつか調べておいた方が良いですよね。

最近はスマホで地図が出せるので便利ですが、災害時には充電できるかもわからないし、電波が届くかもわからないし、スマホで地図が表示できるとは限らない。
スマホのアドレス帳に登録すると電話番号を覚えていないので、スマホが無いと電話も掛けられない・・・
便利な世の中に慣れすぎて、その時になってみないと何が困るのか解らないような気がしてそれが、一番怖いかもしれません。

とりあえず、今日はいざという時に持ちだすリュックの中をチェックしよう!
季節によって持ち出すものが変わりますよね~まだ、涼しい日々だし。
雨が降るかもと傘を持っていくと使わずに済むので、地震が起きた時の為にと準備しておくと地震が来ないような気がする私でした。

リニューアルしました

以前使っていたテンプレートがスマホではあまり見やすくなかった為、デザインを少し変えてみました。
変更したい部分はまだまだありますので、次にご覧いただいたとこにはまた少し変わっているかもしれません。4月に入り落ち着いたので今のうちにいろいろ試してみようと思っています。
今日は1日雨。昨日が桜の見ごろでしたね。

IMG_0207

イベント無事終了

行きに大手町で降りてどこかでお昼を食べて~と思ったら、空いているお店が多く、私としては良かったのですが、イベントのお客さんが集まるかが心配に~でも、会場が広めではなかったので程よい集まり具合で結果的には良かった!
サクラが開花していたら、とても混み合いますものね~

今回はボランティア参加の方ばかり。それぞれの得意分野で力を発揮したわけですが、会場を決めてきた人も演奏者を交渉してくれた人も当日仕切った人も全て違う人。撮影やアナウンスを担当してくださった方、演奏をしてくださった方のおかげで素敵な演奏会になりました。私はゆっくり聴けませんでしたが、素敵な演奏で、もっと多くの方に聴いていただきたかった。それが心残りかな。

ボランティアの場合にはお互いに尊重し合うことが大切だと思います。誰かが暴走してもバランスが崩れる。給料をもらって働いている場合は割り切りようもありますが、皆が善意で参加しているのに、誰かの勝手な行動により誰かがフォローするというのはなるべく避けたいものです。心が疲労しますから。
でも、それぞれのペースを乱すことなく、お互いにフォローしあうことは大切だと思っています。ボランティアですから無理をしてはいけない。

昨日、偶然、聴いたであろう方たちがバッハをクラシック音楽を好きになってくれたとしたら、それが一番嬉しいことです。

人と一緒に仕事をすること

昼ごはん食べながらネットでニュースなどチェックしていて見かけたこちらの記事。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/112000266/020100004/

世の中、いろいろな働き方があって、若いうちは特に理不尽なこともあるよね~と思ったけれど・・・
私の歳になるといろいろ見えるのでそれなりに対処できるわけで、歳をとるのも悪くない(^_^;)

15年ぐらい前についた私の初めての肩書がプロダクションマネージャー。小さな会社で部下の人数も数人でしたが、その時の部下にもっといろいろやってあげたかったと後悔して以来、部下は守ることと育てること、外注の場合には仕事がやりやすいことと一緒に成長することを気にしてきたわけですが、結果的には自分の為になると思うのです。一人でできることには限りがあるわけで、いかに周りの人に良い仕事をしてもらうかが肝心で・・・そんなことを思い出す記事でした。
上に立ったらどうすれば良いのか悩むことが多かったので、その頃はプレジデントとか参考になりそうなことが書いてある雑誌を良く読みました。

また、自分の非を認めることと、お礼を言うことも忘れないようにはしています。小さなことの積み重ねが良い方向へも悪い方向へも流れるような気がするのですよね・・・
部下の場合には会って話しているから加減は解りますが、外注の場合には初回は会って話をしたとしても、その後、メールや電話で依頼をするわけで、相手にいかに不愉快な思いをさせないかが肝心だと思うのです。相手も人間ですから感情はあるわけで、理不尽なことが重なれば、やる気は失せますよね?
相手が話しやすい雰囲気にしておくのも大切だと思っています。不満が上がってこなくなったら早めに手を打てないということで、気づいた時には大事になっていることも。

甘やかすのと守るのは紙一重な気がします。甘やかしては相手が図に乗るわけで・・・
子供も大人も同じですね(^.^)